第45回奈良県障害者作品展 | お知らせ|社会福祉法人 以和貴会

以和貴会からのお知らせ

第45回奈良県障害者作品展

更新日:2017/11/28

第45回奈良県障害者作品展で、ゆらくの里アート活動「暖」班より福本基孝さんと宮下孝雄さんが優秀賞を受賞されました。今回の作品展では応募数400点の中から絵画部門で福本さんの作品「古里の春夏秋冬」と工芸部門より宮下さんの木工作品「荒波」が選ばれました。福本さんが描かれた作品は、1年近くをかけて点描画で描かれた大作で、春の枝垂れ桜、夏のひまわり、秋の紅葉、冬の雪の思い出が表現された作品です。宮下さんの作品は、制作の合間に集めて来られた木の枝を鋸で細かく切り、ひとつひとつボンドで張り合わせた作品です。受賞式ではお二人とも大変緊張されていましたがとても喜んでおられこれからの作品制作の励みに繋がると思います。今後も、ゆらくの里アート活動班では、アートの持つ可能性とご利用者様の感性や表現する楽しさを発揮して頂き、ご利用者様の生きがいに繋げて頂けるような活動を目指して行きたいと思います。

«    »

一覧を見る