第5回 IWAKI 夏フェス | お知らせ|社会福祉法人 以和貴会

以和貴会からのお知らせ

第5回 IWAKI 夏フェス

更新日:2018/08/29

毎年の恒例行事となりました『IWAKI夏フェス』も、今年で5回目を迎えました。当日は、汗ばむほどの晴天にも恵まれ、会場となったすみれの里駐車場にて、多くの方々にお祭りを楽しんで頂きました。

今回は、法人設立30周年ということもあり、「地域共生」をテーマに、逢坂自治会の方々や香芝市商工会の皆さんを始め、多くの方々の協力の元、これまで支えて下さった地域の皆さんへの“感謝”の意を込めて準備にあたってきました。当日は、会場入り口に大きなエアーアーチ、ミニチュアホースとの触れ合いコーナー、保健センター前にメインステージを設置し、例年以上に力を入れた会場設営となりました。

来賓代表として香芝市長 吉田弘明様よりご挨拶を頂戴し、チアダンスチーム「チア☆ねっと」の皆さんによる素敵なダンスと共に『第5回IWAKI夏フェス』はスタートしました。

催し物は、ダンスチーム「Bran.co.lab(ブランコラボ)」の皆さんによるヒップホップダンス、香芝市を拠点に活躍されているよさこいチーム「天昇なら舞 いちや」の皆さんによるよさこい演舞、“音楽をもっと楽しく”をコンセプトに全国で活動されている「音楽工房 京の音屋」の皆さんによる素敵なコンサートなど、皆様にお力添え頂き、どれも素敵なものばかりとなりました。

段々と夕暮れが近づく中、昨年に引き続きビンゴゲーム大会が始まりました。司会の下村理事長の前には、受付で購入したビンゴカードを握りしめ、欲しい商品が当たるように目を輝かせて多くの方々にお集まりいただきました。任天堂スイッチや、USJペアチケット、カッシー君ぬいぐるみなど数々の景品が目白押しで、商品が当たると、笑顔いっぱいで景品を受け取っておられました。ビンゴ終了後には、ラストワン賞としてUSJペアチケットをかけたじゃんけん大会。惜しくもビンゴで景品が当たらなかった方にご参加いただき、白熱した戦いとなりました。

催し物だけではなく、今回も数多くの模擬店が出店しました。香芝市商工会様、逢坂自治会様、奈良県身体障害者福祉協会様、遊友会様、社会福祉法人わたぼうしの会様、社会福祉法人萌様、ならしか様・・・等のご協力により模擬店を出店することができました。たこ焼き、唐揚げ、フライドポテト、かき氷、フランクフルト、焼そば、カレーなど、どれも美味しいものばかりで大好評でした。また、食べ物だけではなく、当てものやスーパーボールすくい、ヨーヨー釣りなど体験型の模擬店も子ども達に好評でした。

日も沈み、夏フェスのフィナーレとなる「香芝天衝太鼓」の皆さんによる和太鼓演奏が始まりました。素敵な演奏とともに、カラーテープと光るボールが空に打ち上げられ、子どもたちは驚いた表情を見せながらも、しっかりとボールやテープを手に取り、夏フェスは終了しました。

このような素晴らしいお祭りの開催にご協力くださいました香芝市行政関係の皆様、地域住民の皆様、他法人の皆様、そしてご協賛くださいました企業並びに個人、ボランティアの皆様など、多くの方のお力添えがあってなし得たお祭りだと実感しております。

来年も「第6回 IWAKI夏フェス」を開催できるように頑張りますので、よろしくお願い申し上げます。

«    »

一覧を見る