クリスマス会 | お知らせ|社会福祉法人 以和貴会

以和貴会からのお知らせ

クリスマス会

更新日:2014/12/13

12月13日、第12回社会福祉法人以和貴会クリスマス会をふたかみ文化センターの市民ホールにて開催いたしました。

今年のテーマは『明日への架け橋』。明日はもっといい日が待っている、その明日につながる一日一日を大切にしようという思いを表しています。

クリスマス会1エントランスでは、ご利用者様の作品や地域で大好評のパンなど数多くの品々が並べられ、見ているだけでも楽しくなる販売風景が繰り広げられました。人気商品が売り切れてしまい、お客様から「残念」と言われたことが心残りです。

クリスマスツリー点灯式から始まったクリスマス会は、地域から交流の架け橋としてご参加くださった畿央大学チアクリスマス会2リーディング部ティンカーズのパフォーマンス、ボノボコーラスの皆様の華やかかつしっとりした歌声に続き、今人「そ~じや」で毎日頑張って仕事をしておられる井上様が、初参加とは思えない見事なピアノ演奏を披露してくださいました。

 

クリスマス会3

休憩をはさんで、知的障害を持つ子どもたちと、その保護者が中心となって活動している「ならんちゅ」と、その指導・支援を行っているエイサーチーム「ちゅらら~」の皆様が沖縄民謡演舞エイサーを披露してくださいました。力強い演技からたくさんの元気をわけていただきました。そのあとは吉本芸人「じゃじゃうま」様の漫才に会場全体がおなかを抱えて大笑いしました。毎年ピアノの独奏でご参加くださる住吉様も、前半の井上様に負けじと美しい音色を聞かせてくださいました。

クリスマス会5トリを飾って下さったのはゆらくの里家族会の皆様です。今年一年を振り返り、バンクーバーオリンピックから宝塚歌劇100周年、そしてお子様に大人気の妖怪ウォッチまで盛り沢山で会場全体を笑顔で一杯にして下さいました。

クリスマス会4公務でご多忙中にもかかわらず足を運んでくださった香芝市長 吉田弘明様からお言葉をいただいた後、エンディングは下村理事長と職員バンドの演奏による以

和貴会のテーマソング「和をもって」を会場みんなで大合唱。地域の皆様とご利用者様そして職員、みんながこの曲を架け橋としてつながることができました。

法人全体で行うクリスマス会は今回が最後、次年度からは各事業所単位での開催となります。今回の経験を生かして、今後もご利用者の皆さんの笑顔を繋げていきたいと感じました。

«    »

一覧を見る